FC2ブログ


自主制作アニメ 制作記

にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ ブログランキングNo.1

オリジナルアニメ「As a sword」の制作過程を記録してます。キャラ作画、Blenderによる背景、それらの合成から編集まで、全行程デジタル処理です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

使用ソフト一覧 (変更後)

状況が変わってきたので、使用ソフトもちょっと変わります。
どんどん便利になっていきますね。

■背景用
Blender ver2.61(Open source, Free)
 =>3Dオブジェクトのモデリングからレンダリングまでこなせるfree soft。
  背景の建築物などのアニメーション作成に使います。

■キャラ用
EasyToon ver2.65 brabra (Free)
  =>白黒2値ですが、軽快に動作するGIFアニメ作成用ソフト。
   前後のコマを半透明表示(オニオンスキン)させたり、トーン塗りやマスク等、たいていの事はできます。
   キャラクターの作画はこのソフトで行います。
   白黒GIFアニメを完成形とするなら、このソフト1本で全部できますね。
   ぶらぶら氏作成バージョンは、画面サイズ1000pixelの制限が解除されている点が魅力!
   作画は1920x1080pixelを計画しているので、このソフトなしには実現が難しかったかも。
・PhotoShop ver6.0 (Adobe, 有償)
  =>各コマの主線・塗・陰影パートをそれぞれレイヤーに書き込みます。
   後述のAnimestudioで、AVI fileに変換。

■動画編集用
AVI2JPG ver6.10 (Free)
  ⇒AVI fileやMPG fileを連番BMPや連番JPGに展開するときに使用します。
   あまり使わないかな・・。
VirtualDub ver 1.9.10 (Free)
  ⇒AVI fileのカットやペーストなどの編集用。
   5秒程度の短いカット単位で作ったAVI fileを最後に結合させるときに使用。
AnimeStudio.JP ver7.21(8,820円)
  ⇒PhotoshopのPSD fileを読み込んで、AVI fileに出力するソフト。
   当初はAfter effectsを買おうかと思ってましたが、このソフトで事足りそうです。
   財布に優しいです。

■作曲用
・Singer Song Writer ver8.0 (Internet, 有償)
  ⇒ピアノロール、ステップ入力、ピアノロールなどのデータ入力が可能。
   曲はすでに完成しています。外部音源SC-8820を使用。
Audacity ver1.2.2(Free)
  ⇒上記SSWで作った曲のパート毎に個別にエフェクトをかけているので最後に合成に使ってます。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/31(土) 18:34:09|
  2. Software/Format
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の流れは早い

思えば、作成中の動画の本編にあたるGIFアニメを1年半かけて完成させたのが2005年。
既に6年以上前の出来事。いやー、恐ろしい。(^^;

最盛期には乗り遅れましたが、当時はまだGIFアニメが盛んでFlashアニメが目立ち始めた頃。
Flashアニメは紙芝居みたいな物が多く、どうも好きになれなかった。
日暮里本社さんのように、FLASHなのに、ほぼ全コマ手書きという驚異的な例外もありましたが)
GIFアニメといえば、棒人間が圧倒的に多かったですね。

そんな中で、実写映画のようなアクションを自分の作品のウリにしようとしていました。棒人間モノが多かったので”マンガ絵でアニメを作る”だけでもある程度はウリになる平和な時代だったかも。

時は変わって、今や動画サイトを見るとカラー&音声付の作品が溢れ、中には商業作品かと思う出来のモノも多いですね。
自主制作アニメが盛んになった事がうれしい反面、結婚や長男誕生、転職や震災で、創作活動をお休みしていた空白の期間に、ちょっと出遅れた感じがして、正直悔しい気もします。

まあ、何を始めるにしても”今からでは遅すぎる”なんて事は世の中に存在しないので、今から取り戻していきましょうか。
  1. 2011/12/29(木) 02:05:33|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動画の仕様 (計画変更)

当初はDVD同様に6:4比率の720 x 480 pixelを想定していましたが、世の中の流れで16:9比率のHDサイズが多い様なので、合わせたいと思います。

作画サイズ  : 1920 x 1080 pixel(16:9)
完成サイズ  : 1440 x 810 pixel(16:9)

フレームレート: 15 fps (1秒間に15コマ) ※GIFアニメのインターバル6より若干遅い程度

もちろん、カラーで音声付です。
さすがに、完成サイズを1920x1080にするには、さらに大きいサイズで作画することになるので諦めました。処理が重くなることと、等倍表示させるとディスプレイからハミ出るので・・・。
うちのディスプレイは、1920x1200までしか表示できません。もっと大きくて解像度の高いヤツが欲しいところ。
曲は既に完成しているので、これに合わせて最終的には2分弱の長さになる見込み。
さて、がんばろー!
  1. 2011/12/29(木) 01:41:48|
  2. Software/Format
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

油澄

Author:油澄
1973年生まれ(♂)。
山形大学漫研⇒半導体エンジニアを経て、現在は自治体職員。
趣味でイラスト・動画を作成。
== 好きな物 ==
香港映画、森博嗣、
ちょっと横になる布団

カウンター

カテゴリ

未分類 (0)
初心者向け アニメの作り方 (4)
雑記 (5)
Software/Format (9)
制作過程 (20)
cut0001 (1)
cut0002 (3)
cut0004 (1)
cut0010 (4)
cut0020 (2)
cut0030 (9)
素材 (1)
SketchUp (1)
Blender (32)
Blender- マテリアル (3)
Blender- テクスチャー (4)
Blender- モデリング (9)
Blender- UVマップ (4)
Blender- ランプ (1)
Blender- アニメーション (1)
Blender- レンダリング (3)
Blender- city generator (7)
作画 (3)
編集 (2)
動画 (1)

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。