FC2ブログ


自主制作アニメ 制作記

にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ ブログランキングNo.1

オリジナルアニメ「As a sword」の制作過程を記録してます。キャラ作画、Blenderによる背景、それらの合成から編集まで、全行程デジタル処理です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベッドのモデリング2

曲面が多いのでメッシュが複雑になって初心者には大変です。
blog0328a.gif blog0328b.gif
Subsurf、Set Smoothを多用。さてこの後、モデルに丸い穴を開けたり、四角くくり貫いたりとか、できるんだろうか・・・?
スポンサーサイト
  1. 2009/03/29(日) 01:58:36|
  2. Blender- モデリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベッドのモデリング

さて、だいぶ間が空いてしまいましたが再開。
もう一人のキャラが眠っているベッドを作成中。医療用ベッドのイメージで。

blog0321c.gif
曲面が多いので作り方を試行錯誤してます。最初はCube(立方体)を元にBevel、Subdivide、Smoothを繰り返して作ってました。しかし、形状をいじっているうちにBevel形状が崩れてきてしまうので断念。

続きを読む
  1. 2009/03/22(日) 02:09:34|
  2. Blender- モデリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンダリング結果

さて、丸三日かかったアニメーションのレンダリングが終了したので、結果をちらっと。
blog0306m.gif
720x480サイズでaviファイルに出力したものをGIFにした物です。画像がこんなに小さいのは、FC2ブログのupload上限サイズが500kbの為。何とかして欲しモンです。

そして、レンダリング2日目に気づいた痛恨のミス
このサイズだと読めませんが、カプセル前面にテクスチャーで書いた"プロトタイプ"のスペルが滅茶苦茶です(正解は Prototype)。
だからあれ程、事前確認はしっかりと、って書いてたのに・・・・。

しかし、3DCG歴3ヶ月にしては上出来と思って、このまま行きます。
ほかの人のBlogを読んでいると、Blender使う前にも他の3DCGソフトを使ってた人々は上達が恐ろしく早いですね。僕はこの調子でのんびり行きます。
  1. 2009/03/08(日) 00:27:59|
  2. Blender- レンダリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

レンダリング

静止画とアニメーションのレンダリング方法です。Buttons windowからScene/Render Buttonsを選びます。
bt_sc_ren.gif

・保存先設定
"Output"パネルで保存先と保存ファイル名を設定します。
blog0306c.gif

・形式設定
"Format"パネルでX/Yの画像サイズを設定します。下半分は動画のフォーマット設定で、プルダウンメニューで動画形式を選択します。また、その下のFPSでフレームレートを入力します。参考までに、通常のDVD作品等は約30FPSです(秒間30コマ表示)。僕の動画は15FPSです。
blog0306b.gif

・静止画のレンダリング
通常の静止画レンダリングの場合は"レンダリング開始"パネルの[レンダー]ボタンでレンダリング開始されます。
blog0306a.gif
このパネルの[Shadow]をONにすると影の仕上がりがきれいになります。matrialでmirrorを設定して鏡面反射させたい場合は[Ray]もONにします。[OSA]はアンチアイリアスの細かさで、値が大きいほど仕上がりがきれいになります。いずれも、高品質と引き換えに計算時間が増加します。
僕は本番前の確認の時、[Shadow][Ray][OSA]をOFF & サイズを50%にして時短してます。

・アニメーションのレンダリング
品質については静止画と同じく"レンダリング開始"パネルで行います。[Sta:][End:]に数値を入力し、アニメーションとして出力する開始フレームと終了フレームを入力します。"Anim"パネルの[ANIM]ボタンでレンダリング開始です。
blog0306d.gif

アニメーションのレンダリングは、枚数が多いため膨大な時間が掛かります。僕のような初心者が作った試作品でさえ、120コマで丸三日かかりました。しっかり事前確認してから[ANIM]ボタンをどうぞ。
  1. 2009/03/08(日) 00:15:11|
  2. Blender- レンダリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カメラ位置とマテリアルのアニメーション

カメラを動かしたり、オブジェクトを移動・変形したり、マテリアルやテクスチャーを変化させたりできますが、今回はカメラの移動とマテリアルの変化を設定します。カメラがズームしつつ、液晶パネル部分を黒⇒表示に切り替えます。

まず、3D view windowのどれかをヘッダーのwindow typeからIpo Vurve Editorに切り替えます。
blog0306e.gif

・カメラの移動
3D view windowのオブジェクトモードでカメラを左クリックで選択し、アニメーション開始するカメラ位置に場所を調整します。3D view window上で[I]キーを押すとアニメーションで管理したい項目リストが表示されるのでLoc(座標)を選択します。続けて、[I]キーでRot(角度)を選択します。これで、カメラの位置・角度の情報がアニメーション可能になります。
Ipo Curve windoeにLocXYZ/ RotXYZのグラフが追加されます。横軸がフレーム数(アニメのコマ数)で縦軸がXYZ各項目の値です。
blog0306f.gif blog0306g.gif

カーソルキーのでアニメーションのフレーム(アニメのコマ数です)を移動させます(左:-1/ 右:+1/ 上:+10/ 下:-10)。例として上を一回押して、11フレーム目に移動します。Ipo Curve windowの緑の縦線が11フレーム目に移動します。
この状態で、11コマ目に表示したいアングルに3D view window上でカメラ位置を調整し、再び[I]キーでLocとRotを設定します。
blog0306h.gif blog0306i.gif
Ipo Curve windowで詳細は編集できます。編集したい項目を右クリックを選んで[Tab]キーを押すと、キーフレームを移動させたり編集できます。ちょうど、3D View windowのオブジェクトモードとエディットモードの様な具合です。キーフレームを追加する場合は[Ctrl]+右クリック。IllustratorやPhotoShopでペジェ曲線を使ってた人なら曲線作りは楽だと思います。ちなみに僕はぜんぜん馴染めません。難しい。
これで、カメラの移動は設定完了です。[Alt]+[A]キーでアニメーションを簡易確認できます。

・パネルの色の変化
Ipo Curve windowヘッダーをObjectからMaterialに切り替えます。3D view windowをエディットモードにして変化させたいMaterialを選択します。次に、Button windowsをShading/MaterialにしてButton windows上で[I]キーを押し、アニメーションさせたい項目を選択します。
blog0306k.gif blog0306l.gif
あとはカメラ移動の時と同じ要領です。
  1. 2009/03/07(土) 02:02:53|
  2. Blender- アニメーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

油澄

Author:油澄
1973年生まれ(♂)。
山形大学漫研⇒半導体エンジニアを経て、現在は自治体職員。
趣味でイラスト・動画を作成。
== 好きな物 ==
香港映画、森博嗣、
ちょっと横になる布団

カウンター

カテゴリ

未分類 (0)
初心者向け アニメの作り方 (4)
雑記 (5)
Software/Format (9)
制作過程 (20)
cut0001 (1)
cut0002 (3)
cut0004 (1)
cut0010 (4)
cut0020 (2)
cut0030 (9)
素材 (1)
SketchUp (1)
Blender (32)
Blender- マテリアル (3)
Blender- テクスチャー (4)
Blender- モデリング (9)
Blender- UVマップ (4)
Blender- ランプ (1)
Blender- アニメーション (1)
Blender- レンダリング (3)
Blender- city generator (7)
作画 (3)
編集 (2)
動画 (1)

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。