FC2ブログ


自主制作アニメ 制作記

にほんブログ村 アニメブログ アニメ制作へ ブログランキングNo.1

オリジナルアニメ「As a sword」の制作過程を記録してます。キャラ作画、Blenderによる背景、それらの合成から編集まで、全行程デジタル処理です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初心者向け アニメの作り方 - (3) 撮影

icon_03.pngAnime Studioを使って、動画出力します(aviファイル)。

エクセルシートの要領で、タイムシート上にPSDファイルのレイヤー番号を入力していきます。
Anime Studio上でもレイヤーを作れるので、背景・キャラ・照明効果など、重ね合わせができます。

有料版だと、透過効果が使えたり、扱えるファイル形式が増えたりしますが、基本的に無料版で十分です。

下の例では13コマ分の作画に対し、髪のなびきをループさせて23コマのカットとして出力していますが、この様に使いまわせるコマはなるべく使いまわして、労力を減らします。髪のなびき・目パチ・口パクなどは、使いまわしをする機会が多いです。
ただし、そのまま使いまわすと画面が単調になるので、フォーカスをいじったり、背景やキャラをパンさせるなどの簡単な工夫をしています。



↓ニコニコ動画が見られない or もっと大きい画面で見たい方はこちらへ。↓
YOUTUBE: http://www.youtube.com/watch?v=dgjCj8pPyig
スポンサーサイト
  1. 2012/09/06(木) 23:05:39|
  2. 初心者向け アニメの作り方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初心者向け アニメの作り方 - (2) 彩色

icon_02.png
今回の目的は
・EasyToonで作画した線画全コマをphotoshop上にレイヤーとしてコピペし、1つのPSDファイルにまとめる。
 (次回の"撮影"で使用するソフト AnimeStudioで読み込めるファイル形式にする)
・Photoshop上で線画に彩色する。

特に難しいことは何もしていません。
線画が白黒2値なので、アンチエイリアスのかかった線画に着色する場合と比べて非常に楽です。その反面、仕上がりはドットのギザギザがはっきり分かってしまいます。
今回は作業サイズと仕上がりサイズが同じ720×480pxですが、作業サイズを仕上がりサイズの2倍程度で作れば、仕上がり時にダウンサイジングした際にドットの境は目立たなくなります。



(ニコニコ動画が見られない人用)
Youtube:http://www.youtube.com/watch?v=ag_Gmq89iQg
  1. 2012/08/15(水) 03:29:39|
  2. 初心者向け アニメの作り方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初心者向け アニメの作り方 - (1) 作画

icon_01.png
今回は、EasyToonを使った作画の例です。
このソフトは手軽で簡単な、GIFアニメ作成用のソフトです。
前後のコマを透かして表示させたり、描いた絵をプレビューでアニメーション表示してくれてとても便利。
ラフ画でのキャラの動きの確認が終わったら、ラフ画を透かしながら新しいコマを挿入して線を整理していきます。
ラフ画ではペンの太さ4pxですが、最終的には1pxで清書しています。

EasyToonは白黒の2色しか使えないので、彩色は別途行う必要があります(次回、動画をup予定)


動画中では計12コマと書いてありますが、ちゃんと数えたら13コマありました・・・。

Youtube:http://www.youtube.com/watch?v=XHPyyjadlKw
  1. 2012/07/16(月) 16:07:04|
  2. 初心者向け アニメの作り方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初心者向け アニメの作り方 - (0) 概要

初心者向けに、PCでアニメを作るための作業手順を紹介します。 

◆これから作るもの
1カット分(1秒程度)のセル塗り風アニメ動画を作ります。
(avi形式ファイル, 720 x 480 px, 12fps)


※ 画面サイズ(pixel):
大きいほど、制作時のパソコンへの負荷も大きくなります。
DVDは横x縦= 720x480 px, BDやデジタル放送はフルHDサイズの1920x1080 pxです。
動画フォーマットの都合上、縦横ともに16pxの倍数が良い様です。
※ フレームレート(fps):
1秒間に表示する絵の枚数です。多いほど動きが滑らかになりますが、その分たくさんの絵を用意することになります。
一般的なアニメは8~12 fps相当で作っていると思います(←怪しい)。

◆用意するもの
- 機材:
 ・Windowsパソコン
 ・ペンタブレット
- ソフトウェア:
 ・EasyToon ver2.65
 ・PhotoShop等、PSD形式で保存できるソフト
 ・FreeAnimeStudio2007
 ・Aviutlなど、Avi fileを結合するソフト

◆使用ソフトと手順概要
EasyToon ver2.65
本来はGIFアニメを作るための作画用フリーウェア。白と黒の2色のみ使えます。
ここでは、主線の作画と、アニメーション動作の確認にのみ使います。
使い方が簡単で、動作も軽快。派生バージョンが多数ありますが、pinzu氏作成版がオススメ。

全コマ copy&paste
Photoshop
Photoレタッチ用ソフト。PSD形式で保存できれば、どのソフトを使ってもOK。
ここでは、EasyToonで作画した全コマの線画をレイヤーとしてコピペし、1つのPSDファイルにします。
線画を元に、自動選択ツールとバケツツールを使って着色します。

PSDファイルを読み込み
Free AnimeStudio2007
読み込んだPSDファイルのレイヤーの表示順番を指定して、動画出力するソフト。作画は出来ません。
有償版(税込8,820円)もありますが、複雑な事をしなければ無償版でOK。
レイヤーも使えて、拡大・縮小・回転・移動、透明度の変更やマスク処理もできます。

カット単位の動画を読み込み
Aviutl
動画編集用のフリーソフト。
カット単位で作ったaviファイルを結合して一つの動画ファイルとして出力します。さまざまなエフェクトを加えることもできます。



次回から、各ソフトの大まかな使い方でも。できれば動画で。
誰かの役に立ちますように。
  1. 2012/07/05(木) 23:30:21|
  2. 初心者向け アニメの作り方
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

プロフィール

油澄

Author:油澄
1973年生まれ(♂)。
山形大学漫研⇒半導体エンジニアを経て、現在は自治体職員。
趣味でイラスト・動画を作成。
== 好きな物 ==
香港映画、森博嗣、
ちょっと横になる布団

カウンター

カテゴリ

未分類 (0)
初心者向け アニメの作り方 (4)
雑記 (5)
Software/Format (9)
制作過程 (20)
cut0001 (1)
cut0002 (3)
cut0004 (1)
cut0010 (4)
cut0020 (2)
cut0030 (9)
素材 (1)
SketchUp (1)
Blender (32)
Blender- マテリアル (3)
Blender- テクスチャー (4)
Blender- モデリング (9)
Blender- UVマップ (4)
Blender- ランプ (1)
Blender- アニメーション (1)
Blender- レンダリング (3)
Blender- city generator (7)
作画 (3)
編集 (2)
動画 (1)

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。